新着情報

一覧ページへ戻る

新着情報詳細

2016.02.03産前産後の手続きについて

Q
 Web制作会社で総務を担当しています。会社設立以来、初めて女性従業員が出産、その後に職場復帰の予定です。就業規則には育児休業と職場復帰後の短時間勤務についての定めもあります。従業員は当社で社会保険・雇用保険に加入しています。産前産後の手続きは複雑という印象があります。漏れやミスなく手続きをしたいので注意すべきポイントを教えてください。

A
 休業期間は、産前休業が出産予定日を含む6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後休業が実分娩日の翌日から8週間、育児休業は産後休業終了日の翌日から子の1歳の誕生日前日までです。産前休業と育児休業は本人の申し出によりますが、産後休業期間中は原則として、就業させてはいけません。
 産前産後休業期間中と育児休業期間中の社会保険料は事業主の申請により免除が受けられます。またそれぞれの休業期間については、本人の申請により健康保険と雇用保険から休業給付を受けることができるため手続きが発生します。ただし、育児休業は職場復帰が前提となります。また職場復帰後に短時間勤務をする場合、手続きが必要になることがあります。出産や育児に起因した不利益な取り扱いがないように注意してください。