新着情報

一覧ページへ戻る

新着情報詳細

2012.09.26所得控除が最大10万円から12万円へ拡充!

生命保険料控除制度が改正されました。

改正前の生命保険料控除は、「一般生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」でした。控除の適用限度額は、一般生命保険料控除として、所得税5万円・住民税3.5万円。個人年金保険料控除として、所得税5万円・住民税3.5万円。合わせると控除は最大で、所得税10万円・住民税7万円でした。

改正後は、「介護医療保険料控除」が新設されました。介護医療保険料とは、入院や通院などにともなう給付部分に関連する保険料になります。改正後の控除の適用限度額は、一般生命保険料控除として、所得税4万円・住民税2.8万円。個人年金保険料控除として、所得税4万円・住民税2.8万円。そして介護医療保険料控除として、所得税4万円・住民税2.8万円。3つを合わせた控除は最大で、所得税12万円・住民税7万円となります。改正後の制度は、平成24年1月1日以後に締結した保険契約より適用されます。平成23年12月31日までに締結した保険契約については、改正前の制度が適用されます。なお、平成23年12月31日以前に締結した契約であっても、平成24年1月1日以後に更新や特約中途付加などを行った場合は、改正後の制度が適用されます。また、改正前と改正後の保険契約が混在する場合の控除額の計算は、納税者が有利なものを選択することができます。